IT系の業務委託と定年について

一般企業を退職して、IT系の業務委託で仕事をする人が増えている。一般的にフリーランスと呼ばれる働き方だが、企業に属して働くよりも自由に仕事をすることができるため、次世代の新しい働き方としてとりわけ注目されているのだ。

何事も自分でこなしていくという働き方なので、仕事を探すのも自分の力で行うし、また税金の申告や保険料の支払いなども自らこなしていかなければならない。しかしだからこそ、仕事の自由度はより高く、自分のやりたい仕事だけを取捨選択したりすることもできるだろう。

そして何より、極端な話をすれば死ぬまで仕事に従事することができる働き方でもある。IT企業に勤めていれば、いつかは定年を迎えて会社を退職しなければならない。たとえ続けたくても定年を迎えれば辞めなければならないだろう。しかしITのフリーランスの場合、業務委託という形態で仕事をするため、自分の身体が許すかぎり仕事を続けることができるのである。

高齢化によってまだまだ働ける元気な高齢者も増えているが、60歳や65歳などといった定年年齢を迎えても働きたいと考える人は少なくない。とりわけ年金制度が崩壊しつつある世の中に合って、老後の生活をどうするかというのは死活問題にもなる。業務委託では定年もなく、また決してあくせく働かなければならないわけでもないため、自分の身体と相談をして適度にセーブしながら仕事をしていくことが可能なのである。